BATON10

もうやめよ(´・ω・`)

言葉綴りバトン

Q1 確かに聞こえた、音を立てて落ちるのが。
A1 地面を叩く雨の音が。
Q2 僕らが過ごしたあの夏は、
A2 あの日のタイヨウのように輝いていた。
Q3 君は決して嘘じゃないと笑った。
A3 少しの憂いをその笑顔に浮かべて。
Q4 この広大な世界を見下ろして、
A4 僕はただただちっぽけだった。
Q5 窓から吹き抜ける風が
A5 君の頬をそっとなぜる。
Q6 狭い路地裏をただ一人、
A6 あてもなくさ迷った。
Q7 庭の片隅に咲く一輪の花。
A7 まるであの頃の僕のようだった。
Q8 何気なく上を見上げれば、
A8 君の笑顔がそこにあった。
Q9 外は雨。僕は呆然と立ち尽くし
A9 淀んだ空に一人呟いた。
Q10 おつかれさまでしたー。
A10 (´・∀・`)
関連記事
スポンサーサイト
Category: BATON

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する