「こんな夢を見た」

おへようございます、夏椎です。
 こちらは暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
 気分的に雨が降るよりはいいんですけど…こちらはとっても暑いです。(分かったよ)

 暑い日は続きますが、今期はドラマが2つということで録画容量との戦いも依然続いておりまして、
 今日も今日とてあくせく編集とダビングを繰り返しておりましたところ、 
とっても寝れなくなってしまったので、ブログでも更新したろ!ってな感じです。

 …あっ、そういえば。 
大野智主演映画「忍びの国」 来夏公開決定 ありがとうございます。
(一応ここでも言っとかないと、儀式なので^^←)



ほんでま、何を書こうかしらねーと思いまして。
ちょっと夏椎のオカンから聞いた話がちょっくら不気味不思議といいますか、

オカンが夢を見た、というのです。

それがただの夢というのではなく、亡くなった人が出てくる夢だったというのですが。

ちなみに娘の私は年がら年中よく夢を見る方で、亡くなったオトンもよく夢に出てきます。
そして、夢の中に出てきたオトンと割とよく喋ります(笑)
(私は死に目に会えなかったので、未だに亡くなった実感が薄いのかな~と思わなくもなかったり)

オカンはうって変わって、あまり亡くなった人が出てくる夢を見ないのだそうです。

オトンも亡くなってから2度ほどしか出てきたことがなく、
1度目は亡くなって程なくしてから、心配そうに無言でオカンの事を見ているという夢、
2度目はそれから少しして、無言で喪服をプレゼントされたのだそうです(笑)
(「なんで喪服なの?」と聞いたら困ったような顔をしていたらしいww)

そんなオカン氏、地震にあってすぐ、亡くなった祖父(オカンの父)の夢を見たそうで。
心配そうな顔をした祖父に、
「ここは危なか!はよ〇〇(オカンの地元)に帰るぞ!」
と言われたんですって。

…実はその夢を見た後、ほんとにオカンの実家に逃げたんですよね。

避難するまでは余震でハラハラして、いきなり止まるライフラインでアワアワしたりで
すっかり忘れてたんだそうですが、
声をかけてもらって叔父夫婦の家に避難することができ、少し落ち着いてから、
「そういえば夢で父ちゃんに逃げるぞって言われたな」って思い出したのだそうです。

祖父は亡くなってから少し経っているのですが、
これまで夢に出てきてくれたことはなかったらしく、
「不思議やと思わん?」とオカン。
なんでしょうね、スピリチュアル?ミラクル?←


…そしてミラクル(?)オカン氏、また昨日祖父の夢を見たのだそうで。

夢にありがちかもしれませんが、
夢の中のオカンは現在の自分自身でありながら、現状はすっぽり意識の外だったそうです。
(だから、今の自分が夫を亡くした後であるとか、地震にあった後であるとかが分かっていない)
加えて、現状が分かっていないのに、なぜだかオトンはそこにいなかったのだそう。
そして興味深いことに私と弟は小学校高学年ぐらいであったと。
(ほんとに「今思えば」という感じらしく、オカン自身はそれに対して違和感は感じていなかったとのこと)

そんな私たちの前にいきなりやってきた祖父は、
「早よう逃げるけん必要な荷物ばまとめんか!はよう!」
と急き立てたのだそうです。
ほんで、言うことを聞かずに遊びまわっている私達姉弟を怒っていたのだそうで(笑)

オカンは「必要な荷物って言ったってあれこれ持っていきたいのに…」と思いつつ、
祖父の言うとおりに荷物をまとめていったのだそうですが、
ただ、準備をする時間があまりにも長くとってあったそうで(1日くらい?)、
「人から逃げるんだったら絶対追いつかれてるだろうし、人から逃げるのではなさそうだな…」
と感じたそうです。
結局、祖父が何から私達を逃がそうとしているのかを不思議に思いつつも、
それを尋ねるというところは意識外だったらしく、最後まで分からぬままだったといいます。


前回の夢があって今回の夢だったので

…「予知夢」とは決して思いたくありませんが…(;´・ω・)


まだ、今後1か月ほどは震度5強の揺れの可能性があるという事なので
用心するに越したことはないのかもしれませんね…。

…うん、じいちゃんは用心しろよって言いたかったのかもしれない←



ってな感じで、夜も明けたので覚書はここまで(^ω^)
明るくなると眠気がひたひたと摺り足でやってくるのはミラクルでしょうか?←

真夏並みに暑かったと思えば梅雨の雨に冷えを感じたりと
体がバッキバキに酷使されるエブリディですが
体調に気を付けて乗り切っていきましょう…

(この話のしめ方また当分更新しないやつだ…)





関連記事
スポンサーサイト
Category: にっき

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する