プラチナデータ 初日舞台挨拶生中継((φ(・д・。)

3月16日 プラチナデータ 初日舞台挨拶生中継
第2部(12:50~)のレポート。
T・ジョイ博多に行ってきました~全国一位!!
素晴らしいね!!

で、内容なんですけどもね。

おばさん正直よくおぼてないのね。
もう何か可愛すぎてよく覚えてない←

しかも2部の回は映画の前だったのね、だから映画で若干飛んでる。
記憶力悪いのに映画前とかかなり飛ぶよそんなん。(あたし比)

ので、若干内容に食い違いあるかもしれないけど
その時はすみません、あと多分順番ばらばらだと思う。

言ってたことは全部ニュアンスなので、正確なレポではないです。
あたしの想像力が多分に含まれていますので
正確なレポを!!という方はご覧にならない方が良いかと思います。

あくまであたし個人の備忘録に近いものがありますので、二宮さんネタばかりではありません。





劇場内に入るとスクリーンは黒っぽい青、中央にプラチナデータのロゴ。
(小説文庫本お持ちの方は、あの表紙っぽい感じだと考えていただけるといいかと思います)
ロゴ下に「中継までしばらくお待ちください」とか書いてあった気がする。

~生中継開始~
本会場(スカラ座)は50分になっても出入りしている人が多く見受けられました。
博多も飲食物買ってる人が多くて50分に間に合ってない人結構いましたね。
まああれ結構並んでたしなー、スカラ座はなんであんな遅かったのか知らんが。


司会の伊藤さとりさんが登壇。(ここら辺まで人の移動があってました)
TSUTAYAの店内放送でナビゲーターやってらっしゃる方だと存じ上げていたので、ちょっと感激。
9時の回で流れていたほかの方のレポ同じく、伊藤さんの登壇を二宮さん登場と勘違いしたお客さんが若干湧きました(笑)
伊藤さんが「このチケット(多分スカラ座のチケットのこと)はすごくプラチナチケットだと聞きました」
とおっしゃっていて、思わず頷いていた馬鹿がここにいます伊藤さん大好き←

全国72会場に中継があっているとの説明のあと、監督とキャスト陣が登壇。
左から、水原希子ちゃん、生瀬勝久さん、豊川悦司さん、二宮和也さん、鈴木保奈美さん、杏さん、大友啓史監督。
伊藤さんは司会なのでキャスト列とは離れて左端。

カメラさんはほぼ終了時までほかの方がしゃべっているとき以外は、ずうううううっと二宮さん狙いでした。
まあそりゃそうか←

男性陣はスーツ、女性陣はドレスだったかな?
第1部はWSで流れると思うので、そちらで衣装のチェックはお願いしたいです。
衣装の説明できないよおばさん、ね。

登壇した途端首をぐるぐるして落ち着いた様子の二宮さん
このぐるぐるがくっそ可愛かったので
すでにこの時点でお客さんから小さな「かわいい!!」の声が。
(あたし含む←)


伊藤さんの司会でキャスト陣ひとりひとりから挨拶。
にのさんからでしたが詳細は覚えてないです←
大体で言うと、

舞台挨拶に来ていただいた方、中継で見てくださっている方、中継ではないけれども今日各地の映画館でプラチナデータをごらんになっている方とこの日を迎えられてうれしい

的な感じだったと思う多分←

伊藤さんによると報道陣が入ってたのは1部だけらしく、2部は入ってないとのことで、なんでも喋っちゃおうぜと盛り上がる生瀬さんと二宮さん非常に男子高校生のようで可愛かったですが、伊藤さんに「今回は上映前なので…」と言われたあとの「そうかあ…」という空気、あんたら何喋るつもりだったんだおい。


●穴があいてる素敵なお召し物
生瀬さんが挨拶中に保奈美さんのドレスにツッこむ。
なんかね、穴があいてたのね、白いドレスだったかな、デザインっぽい感じのドレス。
いっぱい穴空いててそこから蛍光黄色(か緑)の布地が見えててあたしは可愛いなーと思ってたんだが。
(色逆かもしれない、ほんとよく覚えてない)
「セクシーですね」的な感じのこと言ってた気がする多分。
生瀬さん基本面白いこと言ってた記憶があってだな、二宮さんと生瀬さんほぼ二人で喋ってた気がするね。
生瀬さんにいじられる二宮さんぎゃわいかったっす。



●終始足開いてる、
会場に華を添える美しい女性陣キャスト。
その中でもさらに目を引いたのが杏ちゃん。
杏ちゃんすっごい足綺麗なのね、映画の中でもかっこよく黒のスキニーパンツ履いてて。
足細いし、すってしてるし、すっごいキレーなんだけど。
舞台挨拶では短めの足の出るドレスだったように記憶しているんですが、あのね、

バレエでもしてたのかなってくらい足が開いててだな。

なんか表現しづらいんだけどね、うん。
地についてる足と足のあいだが拳一つ分ぐらい空いてるのね、踵くっついてない(笑)
しかもつま先が内じゃなくて外向いてるから、立ち姿が非常に気持ちの良いくらい男らしくてだな。
うん、かっこよかった。二宮さんよりもかっこよかった←

二宮さんはかわいかった、です、ええ(声大)




●サボるトヨエツ
2部は上映前なのでネタバレができないということで、撮影秘話を中心にお話をしてたんですが。
何の話だったかよく覚えてないんだけど、にのさんだったか生瀬さんだったかがいきなり豊川さんにお話を振ると、
「あのー、そうだね、…ごめん俺サボってた」
と、豊川さん。
WSでいつだったか観た“サボるトヨエツ”がスクリーンで見ることができました。
にのさんは横でクスクス笑いながら「サボんないでくださいよお」とかってちゃちゃ入れてたと思う、くっそ可愛かった。



●「私言ったらネタバレしちゃうと思う」
撮影秘話についてのトーク中、「保奈美さんいかがでしたか?」といきなり保奈美さんに話が振られる。
それまでニノさんと生瀬さんが話していたので、若干慌てる保奈美さん。
前の話の流れで、〈見所〉を聞くか、〈撮影時に印象に残っているシーン(だったか、撮影が大変だったシーン?)〉を聞くのか、「どっちにしましょうか?」という伊藤さんに対し、「どっちもいきましょう!!!」という二宮さんドS発揮。
大御所にも二宮節を遺憾なく発揮する二宮さんさすが!!と思っていたら、
「うーん…あ、でも言えないわ、私の出てるシーン言ったらネタバレしちゃうと思う」
と保奈美さんにバッサリ切り捨てられてました。「あ、そっかぁ…」可愛い。



●むっとしてる?
何の話の時だったかよく覚えてないのですが(何回もこの件があったので)、割と真面目トーンで二宮さんが映画について語っていると、会場からクスクスと笑い声が。
「え、…俺なんかおかしいこと言いました?(笑)」と尋ねる二宮さんに対し、横にいた豊川さんと生瀬さんが口々に「だってほら、話し方がむっとしてるから(笑)」とすかさずツッコミ。
ホントにそうだったのかわかりませんが(多分違うと思う)、「ええ?むってしてました?(笑)」とおふたりの言葉を素直に受け止める二宮さん(ぎゃわいい)。
このあとも、こんな件が二宮さんのトークで1、2回あり、「え?俺むってしてます?そんなことないでしょう?(笑)」と気にする二宮さん。
しまいには他のトークで(多分)話の続かなくなった豊川さんが、生瀬さんとにのさんに「サボってないですよね!?」とつっこまれると、「え?…いやほら、俺喋り方むっとしてないかなって思って(笑)」と切り返していました。
なんか二宮さんがお兄さん達に弄ばれる末子のようで非常に可愛らしかったです。(遠い目)



●大友監督の長回し
もしかしたら、〈むっとしてる〉話の件はこの中であったかもしれないのですが。
定かじゃないからいいや←

いつだったかのWSで流れた舞台挨拶だったか会見だったかの時と同じように、再び大友監督の「長回し」についての話に。
生瀬さんは特に大友監督の長回しが印象深かったようで、しきりに「長いんですよ!」「一回も切れてないところがあると思う」と言及。
最長15分ほどだったという長回しについて、二宮さんに「どうでしたか?」と話を振る伊藤さん。
「長回し自体は経験がなかったのでとても新鮮だった(面白かった?)」と語る二宮さんに、「あれ最後に入ってくる人大変だよなあ!」という生瀬さん。
「そうなんですよねえ」と答える二宮さんいわく、長回しスタート時にいる人よりも、後に入ってくる人のほうが、その人がセリフをとちるとまた一からの撮影になってしまうため、プレッシャーが半端ではないとのこと。
…ということは最長15分のあのシーンでも、誰かトチったのでしょうかふはははh( ^∀^)←



●「なんで長回しするんですか?」
どうしても長回しが気になるらしい生瀬さん。
「なんで長回しするんですか?俳優の立場として聞いておきたいんですけどなんで?」と若干食い気味な感じで大友監督に尋ねると、監督は、「いやーそれは企業秘密なんですけど(笑)あんまり言えないですね」と笑いながらバッサリ。
別にここでいってしまうと、ほかの監督に真似されるからとかそういうわけではない(監督談)らしいのですが(笑)
簡単に言えば利点は3つあるらしく、ひとつはライブ感があるということ。
そして、カットを細かく割るより俳優さんたちの演技がブチブチ切れないということ。
最後が、長回し中に間違える俳優さんたちを見れるからということでしたが、これには俳優陣も会場も苦笑。
多分3つめは監督のリップサービスも含まれているのだろうとは思いましたが、それにしても監督が深く「長回し」についてのこだわりを持っているのだなあというのは非常に感じました。



●集団プレーというより個人プレーの映画
(長回しの話に続いて。)
口々に今回の撮影は難しかった、大変だったというコメントが出る中、大友監督が「でもねえ、この人たち難しかった難しかったって言ってますけど、さらーっとやってますよ(笑)」と一言。
これにはキャスト陣もはにかみ顔、二宮さんもにやりとなさってました(笑)
「ね、話してるの見てるとわかるでしょう、みーんな言いたいこと言いたい時に自由に言ってるでしょう、撮影の時もこんな感じですよ(笑)個人プレーなんですよね、みなさんね。でもこういう感じなので『長回し』っていう撮影の中でも…やっぱりさっき言ったみたいに誰かがトチっちゃうとリズムが崩れちゃったりとか、ストーリーの空気的なものが変わっていってしまったりするんですけど、そういうのがね、(あまりなかった?)」
ニュアンスですがこんな感じかな?
キャストもおんなじように思っていたようで、監督の言葉に聞き入っている感じでした。



●「マイク入りやすくなっちゃうよ」
今回あまり喋らなかった希子ちゃん。
伊藤さんに「二宮さんとのシーンが多かったんですよね?」と問われると、「多分ここに居る方だと絡みがあったのは二宮さんだけですかね?」とのこと。

(この時、あたしは事前番組とか原作とか予告見てたので、「え?保奈美さんは?」とも思ったのですが、映画見てみると「絡み」っていう点では確かに二宮さんしかねえなと納得しました)

他キャストと同じく、「印象的だった撮影シーン」を伊藤さんに尋ねられるも、希子ちゃんの出てくるシーンが物語の真相に絡む点が多いため、保奈美さんと同じく印象的なシーンが容易に喋れないことに途中で気づき「…で、あっ、ダメだ、危ない」と話を止めた希子ちゃん。
マイクに手をかぶせるような仕草で話を止めた希子ちゃんでしたが、それを見た生瀬さんから「それダメだよ、マイク入りやすくなっちゃうよ(笑)」とツッコミが。
希子ちゃんもやっちゃったという感じで「あ、そうか(笑)」と、マイクと口の間に手をもってきなおしていていて、会場が笑いで和やかな感じになっていました。



●「ずっとゲームしてた」
希子ちゃん、シーンが語れないのならば、撮影中のキャストの様子で印象的だったことを語ろうという空気に。
しかし、希子ちゃんに絡みあるのは二宮さんしかいないので完全に二宮さんの話にしかならない、よって二宮さん苦笑。
撮影中優しかったという二宮さんですが、ここでファンが予期していた事態が。

水原「二宮さん優しかったですけど、ずうっとゲームしてる、か、ゲーム雑誌読んでましたね」

(.゚ω゚)「ゲームね、してました(笑)」

大友「してましたね(笑)」

鈴木・杏「そうですね」

杏「空き時間とかよく(見た)、雑誌とか」


(.゚ω゚)「そうですね、読んでましたね(笑)」

水原「私読んでて、その雑誌を、ちっちゃい頃(笑)」

(.゚ω゚)「『それちっちゃい頃読んでましたー』って(希子ちゃんに)言われましたね、俺現役で読んでるのに(笑)」

生瀬「現役で読んでんのになあ(笑)」

ちょっと真ん中へんは希子ちゃんが言ったんだか杏ちゃんが言ったんだか曖昧なんですが、女性キャスト陣が思い出したように一斉に喋りだしたのがスゴイ面白かったので。
それまであまり喋らなかった女性陣が物申したくなるほどゲームやってるんですね、すごいっすね二宮さんね。
会場もまたかよムードでかなりホームな感じでした(笑)
二宮さん終始笑ってて「ゲームしてました」っていう時頭下げてた、多分かけらもすみませんと思ってないよあの子可愛い←




〈どこで言ったかよくわかんない小ネタ集〉

・これは生瀬さんの冒頭の挨拶なんだけども、やたら生中継をアピールする生瀬さん。
「いいですか!(腕時計見て)今、12時56分です!!」
熱っぽく言うんだけど、会場が「ああ、まあそうですよね」という空気で温度差激しすぎて(笑)
サイドにいる豊川さんとか希子ちゃんがギリギリカメラのフレームに入ってて、笑ってるのが見えたかな。

・生瀬さんいわく豊川さんと一緒にやってたシーンで好きだったのは「後半の、ホテルで二人で話してるシーン」。
あれ好きだったんだよなあーと感慨深げに言う生瀬さんが印象的でした。

・生瀬さんと保奈美さんが印象的だったシーンに自分が出ているシーンではなく、二宮さんの逃亡シーンをあげたため、「みんな俺のシーン横からとってっちゃうんだもんなー出てないじゃないですか!!(笑)」と拗ねたふりする二宮くん可愛いあざというわああああ。

・希子ちゃんが印象的なシーンを問われ、「杏さんのバイクのシーンで髪かきあげたところがかっこよかった!!」と個人的にかっこいいと思ったシーンを暴露。
「そうだよね、あれかっこよかったなー」と二宮さんも納得のご様子でしたが、「髪伸ばしたい!!」と言い出した希子ちゃんに、「TSUBAKIだし、伸ばしたらいいよ!」と杏ちゃん、「(TSUBAKIのCMで)短い方なんですよね~」と、なんだかよくわからないTSUBAKI CMキャストトークが炸裂(こういうの嫌いじゃない)。

・二宮さんは終始ぎゃわいかったです。
おめめこしこししてたり、頭ゴシゴシしてたり、腕を抱きしめるように笑いこらえてたり「なんなの萌え殺したいの!ありがとう」って感じでした。



ざっくりですがこんな感じだったかと思います。
なんかまた思い出したら加筆するかもですが、まあ自分の備忘録程度で(笑)

関連記事
スポンサーサイト
Tag:
Category: にっき

コメント

昨日のことなのに
もう既に懐かしい気分……←

思い出したいときは
またこのレポ読みにくるわ(笑)

2013/03/17 (Sun) 17:21 | 櫻田 #n3C3tgxw | URL | 編集
re>櫻田

だいぶ端折ってる気がするけどねwww
有効利用してくださいww

2013/03/18 (Mon) 00:39 | 夏椎あや #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する