こころここにあらず。

どうも夏椎です(´・ω・`)
アルバイト先からシフトの連絡が
入りません。
まあいいのです、そんなことは。どうだっていいやあー(ぇ

とりあえず
5限終わる時間まで暇なので
(課題やれよとか言わないww)

昨日の保健室のお話でも
しようかと思います('◇')



遡ること1週間前。

寮の玄関脇にある
あたしのポストの中に1つの
青くぺらい封筒が。

電気代とか水道代の請求かな~?
と思って送り主を見てみると
大学の保健室からでした(-公-;)

あれ?
あたしなんかしたっけか('◇')?

…なんて考えつつ
同封されていた書類に目を通すと
「健康調査表の回答について
確認したいことがある」
とのこと

あ、きっとなんかやらかしたww

と瞬時に思ったわけですが
疚しい記憶がないので

とりあえず
3、4日放置しました(^O^)/

で、友人達に聞いてみたところ
「それ、行かな駄目やろ」
「早く行き」
とのこと(´・ω・`)

そうですよね~
早く行かなきゃ駄目ですよね~





てなわけで
昨日は昼休み後が
1限空いてたので保健室へ。

保健室に入ると
(今思えば、「失礼します」も
何も言わなかったww)
あたしと同じように封筒を
もらったらしい女の子が
先生と別室に向かおうとしていて

あたしがやって来たせいで
なんか変な図にww('◇')

「順番に話するから待ってて
もらってもいいかなー?」
と先生に言われ

えぇもちろんですどうぞどうぞ

ってな感じで待つこと10分弱。
(あたしの腹時計調べ)


別室から
けらけら笑いながら
先生と女の子が出て来たので

大した話じゃあないんだなあ
あたしのもそんな大したこと
ないのかもしらんなあ……

なんて呑気に思いながら
先生に誘われてあたしも別室へ。

以下、そのときの
大筋の会話です(´・ω・`)


先生「入学の時にね、書いてもらった"健康調査表"についてね」

夏椎「はい」

先生「ちょっと聞きたいことがあったので、お手紙を出させてもらったんだけども」

夏椎「はい」

先生「えっと……
(調査表を出す)
皮膚が弱いのね~?」

夏椎「……っえ!?
あ、はい、まあ……」

え?
そんなこと聞くために
呼んだん('◇')?
と夏椎ちょっと拍子抜け。

先生「それについての対処とかは……」

夏椎「え…と、乾燥肌が酷いとか洗剤とかにまけやすいくらいなんで……皮膚科で薬とかちゃんと…」

先生「もらって?」

夏椎「はい、塗り薬とかを」

先生「じゃあ大丈夫ね」

夏椎「はい」

こんなんだけでいちいち
学生呼び出して話しなきゃ
ならんだなんて
保健室の先生も気の毒だなぁ

なんて思っていたら

先生「寮生活とかはどう?」

夏椎「あー…最初の1、2週間は…大分堪えましたけど~」

先生「そうだよね~」

夏椎「今は大丈夫です」

先生「そうかぁ……
じゃあ……そうだな…聞きたいこととか……









今悩んでることとかってある?」

あれww質問の毛色が変わったww


夏椎「え…悩んでること、ですか?」

先生「うん、辛いこととか…あったりしない?」

夏椎「いや、今のところ大丈夫です」

先生「本当?」

夏椎「はい、ほんとに今のところは……周りの友達も凄く良くしてくれますし……一人暮らしじゃなくて、逆によかったのかもしれないです……」

先生「じゃあ寮生活は大丈夫?」

夏椎「はい…みんな遠方からきてるじゃないですか?
だから、うーん……境遇が似てる人達がいっぱいいるっていうのは、凄く有り難い事なのかな…って」

先生「そう…結構プラス思考に捉えてるんだねww」


ちょwwどういうことですか先生ww
あたしそんな後ろ向いてる
ばっかじゃないよww
根は暗いけどww←


先生「講義とかは?
嫌だなーとか、学校行きたくないなーとか…」

夏椎「まあ…基本的には……講義は先生とかによりますけどww」

先生「……大丈夫ww?」

夏椎「はい、大丈夫ですww」



先生「そうかぁ~いやでも、



『いっそ死んでしまいたいと思うことがある』に『はい』って(丸が)ついてたからねー…



大丈夫かなあと思って~」


あwwそれだったのかww
それで呼ばれたのかww

「皮膚」は
前フリだったんですねww
なるほどwwww(´・ω・`)


夏椎「あー…落ちるとこまで落ちると結構……突破口が見えると立ち直りは早いんですけどww」

先生「そういう突破口みたいなのは…どうやって?」

夏椎「えと、そうですね……実家に居たころは母に…話とか聞いてもらって……あとは友達とか」

先生「あー…じゃあ入学した後は?
入寮してすぐとか……」

夏椎「あ、ずっと母に電話してましたww」

先生「なるほどねww」



まあこのあとは

学生相談室の利用を
頻りに勧められたり

何かあったら自分一人で
抱え込まずに
(なんか電話相談の
誘い文句みたいだなww)
話しにきてちょうだい

とか言われました(´・ω・`)



うっかり「はい」に
付けてたせいで何やら大事に…

でもあの時入学して直ぐで
鬱々してたからなー……


ていうかみんな「はい」に
付けないんだねwwと
おばさん思いましたよww

ほんとに悩んでる人は
付けないのかもな…(´・ω・`)




夏椎の場合、一過性です大体。

短期間に落ちるとこまで落ちて
突破口が見つかると
「今まで何だったんだろう…」
みたいな感じになります。


なんにせよ
先生すみません(´・ω・`)

でも多分悩み事出来ても
相談室には
行かないと思いますww


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
くりっくありがとうございます(´・∀・`)ノ
関連記事
スポンサーサイト
Category: にっき

コメント

No title

私も今日それで呼び出されました!
20分以上待たされたあげく、
曖昧な返事をしていたので
『ほんとうに○○さん???』ってきかれて…w

結局は持病のことについてだったのですが、
私も保健の先生って大変だなぁって思いました^^

2012/05/15 (Tue) 22:29 | ☆慈宇☆ #- | URL | 編集
re>>☆慈宇☆さん

ホント大変ですよねー^^;

なんかすごい申し訳なかったよあたしww
先生も若干拍子抜けしてたみたいでした。。。

あたしの友人も持病で呼ばれてましたww

やーほんとあたしなんなんだろうww
ただの迷惑な学生だわ(^q^)/

2012/05/16 (Wed) 01:03 | 夏椎あや #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する